建築家がデザイン

DESIGN

住まいは家族が幸せな時を過ごすために、なくてはならない大切な入れ物。
どのような住まいなら、大切な家族との時間を育むことができるでしょうか。
家族の好みやライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した、使い勝手の良い空間。心地よい広がりのある空間など。
更に、R+houseの頼れる建築家は、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。
家族でずっと仲良く暮らしたい。そんな想いを叶えます。

R+houseのアトリエ建築家って、どんな人?

ATELIER ARCHITECT

アトリエ建築家は『住まいをつくるプロ』

R+houseには、ムダづかいをなくすための「ルール」があります。
※R+houseのルール
そのルールに従って、ムダを省いた、性能の高いデザイン住宅、というのがR+houseです。
R+houseの建築家たちは「ルール」を熟知しており、その上で極めて素晴らしいデザインをつくることが出来る人たちです。

「建てるプロ」と「住まいをつくるプロ」は違います。
限られた予算の中で、どれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつ、どうやって予算の範囲できれいにおさめていくのか。そういうことをするのが、住まいを作るプロなのです。

「住宅づくりが好きな人」=「人の生活をつくることが好きな人」にR+houseの建築家になってもらっているのです。ただ「かっこいいものが作りたいから建築家をやっている」というだけの人はいません。

「建築家」+αのチカラ

日本には国家資格として「一級建築士」「二級建築士」といった資格があります。

「建築士」というのは、法規制や施工を考えて建物を計画、設計するために必要な資格です。
「R+houseのアトリエ建築家」は建築士という資格をもちろん持った上で、それに加えて暮らし方の提案や住みごこち、デザイン性の追求といった面に特長があると言えるでしょう。

R+houseのアトリエ建築家たちの想い

THOUGHT

後から変えられないところ~地盤・設計・性能~にお金を掛けるべき、きちんと設計するべきと考えています。
また、ただ間取りを相談するのではなく、ライフスタイルに合わせた提案をするために、色々お伺いします。
費用とのバランスや土地・暮らし方とのバランスも考えて提案します。

Yuri建築設計舎 主宰 片上友二

家族みんなが自分の家が大好きで、住むほどに愛着が湧き、素朴で心地よい空間があり、無理して頑張らなくても『自然にあふれてくるもの』がある。
派手さはなくても『きれい』とか、『落ち着く』といったもの。そんな本当の格好よさがある家をつくりたいと考えています。
建てて終わりではなく、そこから始まる家づくりをめざしています。

Yuri建築設計舎 主宰 片上利子

設計のベースは、経験をもとに、よりよい住環境となるように採光・通風・日射遮断・日射取得を考慮すること。
私の身近で大切な人がその家に住むことを想像し、自分が家になったような気持ちで考えながら、そのご家族が笑顔で幸せな毎日を過ごせる。
そんな家になるよう心を込めています。家が箱やモノではなく、生き生きと呼吸をするかのように